2019-06-29

夏祭り

幼稚園の夏祭りがありました。
毎年お父さんが中心になって開催される夏祭り。今年は主人(弊社代表)がリーダーになって頑張りました。当日主人が身につける小道具は、子どもたちが作りました。
パパ、頑張りました。親が一生懸命に何かをしている姿を子どもに見てもらうのは、良いものだなあと思いました。

年長の長女は在園最後の夏祭りでした。年長さんが担ぐお神輿に乗っているユニコーンは長女がアイディアを出したらしく、誇らしげにワッショイしていました。
年少の次女は緊張して盆踊りをあまり踊りませんでしたが、終わった次の週は、毎日幼稚園でお友だちと踊っていたと先生に聞きました。2人とも楽しめたようでよかったです。

梅雨が明ける気配はまだありませんが、お祭りなど夏の楽しみが増えてきますね。
みなさまにとって、良い夏になりますように。

2019-06-27

ワークショップ「ハーブで作る虫よけスプレー作り」

浦和PARCOで開催のワークショップ「ハーブで作る虫よけスプレー作り」に参加してきました。
講師は、nicoせっけんを置いていただいている茉華 浦和PARCO店の藤原美紀子さん。レモングラスのチンキ、ミントから抽出したハッカ水、月桃から作られた化粧水を混ぜて虫除けスプレーを作りました。どれも虫が苦手な植物なのだそうです。植物療法士でもある藤原さんのお話が興味深くたくさんメモを取ってしまいました。
nicoせっけんもウチワサボテンをはじめ、植物の恩恵で作られています。人に良い作用をもたらしてくれる植物のことをもっと知りたくなりました。

完成したスプレー。梅雨の雨明けは蚊がたくさん。虫よけスプレー、さっそく重宝しています。

2019-06-24

「monthlyにこ肌だより」7月号ができました

「nicoせっけん」「nicoオイル」ご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」の7月号ができました。今号は「体験談スペシャル」です。きれいな肌で七五三の写真を撮ることができました、というお声とともに、素敵な七五三の写真を送ってくださったお客さまがいらっしゃいました。他にも体験談をたくさんご紹介しています。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2019-06-14

工場フル稼働

乾燥・熟成中のnicoせっけんたち。

nicoせっけんは「コールドプロセス」という製法で作られています。天然成分に含まれる有効成分を壊さないように、製造過程で自然に発する熱を利用して、時間をかけて乾燥・熟成させる製法です。
工場で作る通常の固形石鹸の約2倍、製造に時間がかかります。大量生産はできませんし、手間ひまもかかりますが、ウチワサボテンオイルをはじめとした天然の有効成分をそのまま閉じ込めることが、nicoせっけんの保湿力になる。だから私たちはこの製法にこだわっています。

おかげさまで、たくさんのお客さまがnicoせっけんを手に取ってくださっています。
工場はいつもフル稼働で、nicoせっけんを作っています。

2019-06-08

娘のアトピー日記⑳ 気温の変化によるじんましん

関東は梅雨入りの発表がありました。今日も1日中雨かなと思ったら、日中は降らずにムシムシ。いよいよ汗対策が本格的になる季節になりました。

少し前、気温が30℃を超えた時、入浴後に長女の全身に蕁麻疹が出てしまいました。蕁麻疹は私自身は経験がなかったのでビックリ。皮膚科の先生に診ていただいたところ、気温の変化による蕁麻疹とのことでした。かゆみ止めをもらい、幸い数日で治りました。
アトピーの症状はずいぶん落ち着いてきましたが、敏感肌の子は環境の変化に本当に敏感に反応してしまうのだな、と改めて思いました。

症状を悪化させないようにするためには、炎症症状を肌が記憶しないようにすぐに治療をすることが大切だと思います。そして落ち着いたらしっかりスキンケアをする。nicoはこの部分のお手伝いができればと思っています。

2019-06-04

nicoのキャラクター「にこちゃん」の人形を作っていただきました

nicoのキャラクター「にこちゃん」の人形を、MLcraftさんに作っていただきました。
羊毛フェルトと編みぐるみの2種類です。自分が描いたキャラクターが立体になっているのが不思議な気分。これからSNSや「にこ肌だより」に登場させていきたいと思っています。