2020-02-21

若い世代とスキンケア

原宿に新しくできた「アットコスメトーキョー」に行ってきました。
私が訪れたのは平日の午前中だったため、学生さんはほとんどいませんでしたが、原宿駅の真ん前という立地なので、10代の方なども多く来店するのではないかなと思います。メイク用品だけでなく、スキンケアのアイテムも様々なブランドのものが置いてありました。

先日Eテレで「#ジューダイ!」という番組を見たのですが、若い世代の「スキンケア」への関心が高まっているとか。やってしまいがちなNGとして、化粧水のつけすぎ、保湿パックをしながら保湿器を使うなど、私も若い頃にやっていたことが次々と紹介されていました(苦笑)。
スキンケアの基本はやはり「刺激を与えすぎないこと」。クレンジングの方法の実演では、クレンジング剤で6割ほど落としたら、あとは刺激の少ない固形石鹸で丁寧に細かい汚れを落とすのが良いと紹介されていました。
固形石鹸は泡立てるのが少し手間ではありますが、どの世代にも役に立つのだなあ、と思いました。

2020-02-19

私たちがnicoせっけんをお送りしています

nicoせっけんの発送スタッフです。ひとつひとつ、丁寧に梱包してお客さまにお届けしています。
ちょうど本日の発送準備が終わったところを、写真に撮らせていただきました。マスクの下は素敵な笑顔です。

2020-02-18

クレンジング後はnicoせっけんで洗顔を

「子どものためにと購入したnicoせっけんを、自分の洗顔にも使っています」というお声を、大変多くいただきます。
私もそのひとり。特に、クレンジングの後にnicoせっけんで洗顔するようになってから、つっぱらず潤いが続くようになりました。

クレンジング剤は、長く肌についていると皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。なのでできるだけ短時間、30秒から1分ほどでメイクを浮かすように馴染ませ、洗い流します。
そのあと、nicoせっけんを泡立てて手に取り、顔全体を優しく洗います。中指と薬指のみを使うと力が入りすぎず優しく洗うことができます。

nicoせっけんが、ご自身の肌のケアに時間をかけられないママたちのお役にも立てましたら嬉しいです。

2020-02-17

「nicoせっけん みんなの体験談集」を発行しました

お子さまやご自身の肌に合うスキンケアを探しているとき。また、肌に合うスキンケアに出会ったとしても、「このままずっと使い続けて大丈夫かな?」という不安はあると思います。
そんなときに参考になるのが、自分と同じような悩みを持つ、他のお客さまの体験談だと思います。
さまざまな環境、お肌の症状、年齢も7歳から82歳までと幅広いお客さまの声が詰まった「nicoせっけん みんなの体験談集」。みなさまのスキンケアの参考になりましたら幸いです。

2020-02-06

にこ肌だより3月号「アトピーがとにかく『かゆい』のは『かゆみの悪循環』が原因です」

少し早いですが、nicoのスキンケア商品をご購入の方にお届けしている「monthlyにこ肌だより」3月号ができました。

3月号のテーマは「アトピーがとにかく『かゆい』のは『かゆみの悪循環』が原因です」。

「かゆみ」は、アトピー肌や敏感肌のお子さまにとって、とても辛い症状です。私たちを悩ませるかゆみとはいったい何なのでしょうか、なぜかゆみが起こるのでしょうか。かゆみのメカニズムについて書きました。

* * *
「nico」はアトピーや敏感肌など、肌に心配ごとのある子どもたちとそのご家族のためのスキンケアブランドです。
商品のご紹介はこちらをご覧ください。
ご注文はこちらから承っております。

2020-02-03

娘のアトピー日記㉙ 頬と上唇のカサカサにnicoオイルを塗っています

先週は大雨の後、暖かい日が続きましたが、子どもたちはふたりとも、頬と上唇が少しカサカサしてしまいました。
子どもたちは顔もnicoオイルで保湿をしています。nicoオイルも、nicoせっけん同様、ウチワサボテンオイルをはじめとした天然由来成分100パーセントのやさしいオイル。お子さまのお顔にも安心してお使いいただけます。

2020-02-02

猫と長女

我が家の猫(いるか)が最近ようやく、長女に心を許すようになりました。長女のほうは何年も前からいるかと仲良くなりたがっていましたが、いるかのほうはとても慎重で、それでもゆっくりと距離を縮めてきていましたが、何のきっかけがあったのか、最近急にいるかのほうから長女に寄って行きました。
幼稚園から帰ってくると寄ってきてお腹を見せたり、寝るときに長女の枕元に来たり。一番構ってくれる人間ということが分かったようで、私よりも長女に懐いてきたかもしれません。
日常の中の2人(1人と1匹)の触れ合いで、2人が好き合っているのが分かる瞬間があり、とても嬉しいです。子どもたちの成長を感じる瞬間でもあります。